実験的にあれこれ


by para_noid
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

指切りげんまん

嘘ついたら刺状突起物のビッシリ生えた海洋生物飲~ます♪って、針千本飲むのとドッコイドッコイのハードコアな拷問だな。嘘をつく者はすべからく、ばれた時のリスクを意識しそれを背負えと言うことだな。日本の幼児教育は何時だってアナーキーだぜヒャッハー!

『さて置き』、と言う言葉を使いすぎな感も否めぬままにさて置くが、指を切りました。『何時、何処で、誰と、何故、どうした。』を語れば、『先程、自宅で、一人きり、梱包をとき損ね、自爆した。』であります軍曹殿。しかも、ハサミで、親指を、撫でる様に約3センチメートルでありんす。もう、もの凄くおセンチな気分だよ私は。これも年のせいか(ただの不注意)。

傷は幸い浅いので、絆創膏も貼らずに自然治癒チャレンジを開始です。しかし、なぜか怪我をすると人に傷口を見せたいという衝動に駆られませんか。自重しよう。
[PR]
by para_noid | 2009-01-21 12:22

土下座のスペシャリスト

昔、ある番組内で、『幼子がパジャマに着替える様を歌と共に流す。』というコーナーがあったと記憶している。文字にしてみると児童ポルノ法に引っかかりそうな気配がプンプンとするのだが、決して怪しい番組の話ではない。天下はNHKの教育番組、『おかあさんといっしょ』でやっていた『パジャマでおじゃま』というコーナーの話題である。こんな注釈を入れようと思う辺り、全く困った時代になったものだと思う(注:別にそんな時代ではありません)。

で、何でそんな話をしたかと言えば、その件のコーナーでかかっていた『パパッパパッジャ-マ♪(ジャマ♪ジャマ♪)』という音楽が、何故かふとしたはずみで思い出され、頭から離れぬ様になってしまったからなのだ。しかも、『パジャマ』の部分が『土下座』に改変された状態でである。

More
[PR]
by para_noid | 2009-01-20 21:19 | 戯れ言

最近平気

c0059581_17405126.jpg

読みだけ見ると『さいきんへいき』であり、なかなか空恐ろしいですわね!
空が恐ろしい何て恐ろしいですわね!

という話はさておき、格別書く事もない日々で、悲しみに心がチョチョ切れそうで御座いますわよ。で、気がつけば空ばかり見ているという状況。うん、寂しんぼって言うか不審人物だわね。ね!
[PR]
by para_noid | 2009-01-19 17:40

惑湧くさん

『「狂い」の構造 (春日 武彦/平山 夢明 (著) 扶桑社新書)』という本を先日購入し、読了の事。精神科医である春日武彦先生と、どぎつい『狂気』を叩き付けてくる作家・平山夢明先生という『狂い』のエキスパート二人の対談形式による、ざっくばらん過ぎて読んでいる側が冷や冷やする一冊。普段オブラートに包み、見えないところに追いやりがちな話を明け透けに語られているので……ちょっとドキドキしてしまいましたわよ。

しかし作中の、『面倒くさいという感情が狂いを生み育てる(意訳)。』といった一節が、妙にすとんと腑に落ちた次第。面倒だと放置するうちに異常に慣らされてしまい、それが常態になるというのは実感としてよく解るところで……身~に~つ~ま~さ~れ~る~!!諸々がモロモロと崩れていくのを現在進行形で体験しているだけに、なかなか心に痛い本でありました(^-^;)。

とりあえず、伊坂幸太郎さんの魔王が面白かったので、モダンタイムズ購入。次はこいつを読むざんすぜ!
[PR]
by para_noid | 2009-01-18 22:47 | 戯れ言
「最近、ちょっとエッチな女の子の写真とか見ても、あぁ可愛いねで終わってしまうんだ。」という切ないK氏の告白。それを訝しみ、ちょっとエッチな画像を提示するA氏。数分後、そこには「君のおかげで心の闇が晴れた!」と、ありがとうを連呼しながら涙を流すK氏の姿が。

そんな、何処にでもあるハートフルストーリー。
絶賛現在進行中(自重しろ)。



さておき、大破した眼鏡が修理完了の事。かけた直後のエウレカ感は異常でありました。前と同じ程度に見えると言うだけなのに、遠景のビルのタイルまで判別が出来るというこの喜び!まるで世界の解像度が上がったかの様だ!

しかし、レンズのサイズ的に視野は狭く、サイドのモノを見ようとすると顔ごと向かねばならないのが難点と言えば難点。もう可愛い女の子をチラチラ横目に見ることも出来ない身体になってしまいました。今後は『ガン見する』か、『見ない』かの二択であり、人として見ぬが吉。人生何事も自重が必要という事でありましょう。神よ、我に生きるに必要な潤いをやんわりと与えたまえ。与えろよ(不敬)。

で、とりあえず新眼鏡も本日発注のこと。来週の今頃は、プラスティックの黒縁厚フレームとあわせ、眼鏡三本体制が始まります。黒縁君は、形は木訥としていて好みなんだが、周囲の評判は悪そうな気もするな。まぁ、前向きに生きよう。もう常に後ろ向き後退人生だしな!なっ!
[PR]
by para_noid | 2009-01-15 21:12 | 戯れ言
ここ暫く、体調不良でへばってました。しかし体調不良は体調だけ崩しときゃ良いのに、なぜ調子に乗ってメンタルまで攻撃しやがるのか!バーカバーカ!お前らドンだけ仲良しだ!

てか、体調が良くなっても、即座に別の場所がボロボロになっていたりするので気が抜けません。今、偽メーテルが機械の身体をくれるって言ってきたら、まず間違いなくノコノコと詐欺に引っかかりますね!そして奇怪な身体で爆誕するの。決め台詞は『コンナハズジャナカッタ!』で一つ。


さておきつつも、本日修理明けの眼鏡を受け取りに眼鏡屋に向かう。空を仰げば美しい青空が広がっており、携帯のカメラで写して見るも、目で見た景色には遠く及ばず。人の景色を認識する力が、まだまだ機械に負けぬ事に胸を張る。そして、「冬は苦手だが、冬の空は好きだな。」何ぞと思いつつ、「この冷たい空気と空の青さと吹き抜ける風を、丸ごと保存出来たらどんなにか良いだろう。」などと思うの事。記憶の記録とでもいうか、その時その時感じたものをそのまま残せたら面白かろうに。と、そう言ったネタを扱ったSFもあったな。未来来ないかな、マッハで。ってか音速じゃ追いつかないか。望む未来までには死ぬかと思うと、至極残念な心持ちだ。

さて置きまくりながら、「思春期のドキドキをパッケージング!」とか40過ぎて脳にダウンロードして、あまりの甘酸っぱさに悶絶死してみたいもんだ。って、当初の思考から大幅にずれるが、それはそれで面白そう。

と益体もないことを考えつつ眼鏡屋にたどり着いたら……定休日。おぼっ(意味不明な叫び)。
[PR]
by para_noid | 2009-01-14 17:47 | 戯れ言

朝から頭にダメージ

A『凛としている子が二人っきりだとデレるリンデレってのはどうだろうか?』
B『むしろ死んでいるけど段々デレるシンデレってのはどうか?』
A『ただのゾンビだ!』

年が明けてからこっち、7割越えのアベレージで悪夢を見ているので。厄払いがてらより駄目な事を書き捨てる。って、昨晩『悪夢ばっかり見てますよ(笑)。』とチャットでお友達と話したその晩も悪夢とは、なかなか凄い。一寸前までは『悪夢見ちゃった!ラッキー!』的にお話を楽しんでいたが、そろそろハッピーなドリームを見たい!ほら、オッパイとかオッパイとかオッパイとか!無意識さん、その方向で一つ。って、そりゃただの淫夢だ。


ちなみに本日の夢は富士山大爆発。『アフターバーナーか!』と三村突っ込みを入れる勢いで吹き上がる溶岩、徐々に割れる地面、倒壊するビル……。逃げ込んだ学校舎がゴリゴリと降り来る岩で削られていく様はもう、汗びっしょりで目覚める程でしたさ。ってか、コレで新年悪夢最恐じゃないのが素敵。

しかし、色つきで且つ高解像度だったのだが、ブルーレイディスクにでもなったんじゃろか。
[PR]
by para_noid | 2009-01-10 08:37 | 戯れ言
さっき書いた文章を久しぶりに内向きの場所にもアップしたのだが、即座に『精神状態大丈夫ですか?』と電話がかかってきたので此処では消しました。普通なのに!いつも通り普通の精神状態で書いたのに!!いつも通り普通が『精神状態大丈夫ですか』か!
うぇぇぇぇん……ありがとう(電話は嬉しかったらしい)。

そういった事情で、頭の中の考え事が『RPGゲームでおっぱいが敵に出てきた場合、コマンドバトルで出てくる選択肢には何があるだろう?』まで劣化しました。どんと来い幻滅。失うモノしかありません。さておき、コマンドを一度列挙はしてみたのですが、流石に人として守るべき一線を軽く4千里ほど飛び越えていたのでお蔵入りにします。急所攻撃は検閲削除だよね!ね!って、蔵に入ってないな。

話は飛んで、伊藤計劃さんの『虐殺器官(ハヤカワ)』を読了。SF的な仕掛け、世界観は非常に好みでしたし面白かったのですが、ちょっと物足りない感じ。一番面白いと感じたのは主人公の一人称で、『僕』。アメリカ特殊部隊隊員で一人称が『僕』。これだけで、主人公が一気に不安定に見えるのが凄いなと。俺も使っていこう、僕。む、いかん……僕も使っていこう、僕。
[PR]
by para_noid | 2009-01-09 22:50 | 戯れ言

第一次視力回復戦

現在の川原視力補正器具状況

小破1
大破1
行方不明1

小破の一は店舗にてあっという間に修理され、川原大喜び。お店のお姉さんが眼鏡をみるなり、『それをかけて来たんですか?(笑)』と言ってきたあたり、自意識過剰と言うかアウトだったぽい。イエス、アイハブ判断力。

そして大破の一こと『フレーム全損レンズ生き』君は、フレーム買い換えの移植手術の流れとなりしばしのお別れ。出費がいやぁ(;_;)。

新年セールでレンズ代が無料との事で、セール中に一本増やすかどうかを悩み中。黒ブチ厚フレームとか挑戦しようかな。気分転換的に。
[PR]
by para_noid | 2009-01-09 14:40

生命線

家に帰り顔を荒い、粗忽になり、眼鏡を壊す。

何処で何が発生したものか、自分の日常生活の生命線である最後の眼鏡が一部破損。非常に不愉快というか、不安と言うか、げんなりとした心持ちが湧き上がり、それに歯止めは無い。使用するに問題は無いが、着用すると身体にダメージが発生するところがまず良くない。またスペアが無いという事が、著しく人心を不安たらしめる。良くない。このイライラはいずれ無関係な場所に飛び火し、巡りて自分を滅ぼすのは必至であろう。

と、一人てんぱり眼鏡を補修。しかし、応急処置丸出しの眼鏡を着用する外聞の悪さというものが、自意識過剰ながら大変に気になる。良くな(略)。非常に良(略)。大変(略)。困った。

眼鏡が憎い、目が憎い、メガ憎い。
最終的に女子高生チックになるのが憎い。
いや、今時そんな女子高生いねぇよ。
と言うか、『今時の女子高生』と言う発想がおっさん臭い。

湯水のごとく湧き上がる自分を追い込む言葉に押され、いまや立派にドンベコミと言った状態だが、ここは流石に眼鏡屋に行くべきであろうとぞ思う。新年早々無駄遣いは多かったが、よもや此処までスピーディーに我が首を絞めることになるとは思わなんだ。明日だ。明日は眼鏡屋に行くのだ。しかし、本気で参った。

とりあえず、補修した眼鏡で本でも読もう(現実逃避)。
[PR]
by para_noid | 2009-01-08 19:35 | 戯れ言