実験的にあれこれ


by para_noid
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2008年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

奮えるほど貧相

引っ越し等の諸般の事情により、免許の更新を失念……失効と言うダブル役満を達成。この気持ちの良い青空の下、府中の試験場で爽やかに違反者講習など受けに来た次第。場内の警察官諸氏が、皆さん変に優しく見えるよ……。


ってか引っ越しからこっち、家具を買ったり、バイクの車検通したり、保険を更新したり、免許更新費用が高かったり……干上がってしまいますわよ。干上がってますわよ!愛もマネーも渇ききってますわよ!


ジゴドグダザイ(ギギギギギギ)
[PR]
by para_noid | 2008-09-09 09:34
ここ暫く日記を書いていなかったせいもあるが、こういう時は何を言って日記を新たに書き始めればいいのかを酷く迷うときがある。今回も、此処数日のうちに悪戦苦闘した形跡がPC上に残されており、ある種、病人の独白めいた文跡からは、余程追い詰められていた様子が伺え我ながら哀れを誘う。


その様な話はさておき、関わらせて頂いたCDドラマの原作漫画が非常に面白く、且つ非常に続きの気になる事この上なかった為……書店に赴き、全十巻に及ぶ原作の購入を決意するの事。

喜び勇んで書店を巡るも、残念ながら通巻で置いておらず、本日中に結末を知るには至らず。注文のみして帰路につく。男30代……女性店員さんに少女漫画の在庫を尋ね、在庫がないと知るや通巻で注文をするというこの流れに……えもいわれぬ喜びを感じるのは何であろうか。


と、阿呆なことを言いつつも、日本の少女漫画、少年漫画と言ったくくり方、棲み分け方にも若干の疑念を感じる事も少々。漫画はジャンルを問わず乱読する質なもので、時に漫画でいいじゃないかとも思う。そういう区分けを気にしない人ももちろん多いものの、そういったジャンル分けで一歩引いてしまう人がいたならば、大いに勿体のないことだと思う。

とにもかくにも、数日後、まとめて読むのが非常に楽しみな次第……何を買ったかはまた後日にしますです。それまでは、紅の勇者オナー・ハリトン艦長の活躍を最初から追ってみようと思うの事。というか、我が家にも2年ぶりに発見された漫画・書籍などが多数あり、当分読むものに苦労する気配がない。とはいえ、読みたいお勧め本は、今回のような新たな出会いもあるので……新居もまた漫画だらけ、本だらけになるのだろうな。困った困った(デレデレした笑顔)。

追記:どんなに探しても大日本天狗党絵詞が見つからず、本気で涙があふれて止まりません。どこを探せば手にはいるの?ママ、僕、平井のおじちゃんのネコ仮面の仁義を切る姿が見たいよ!うぇーん。……中野か。中野の魔窟に行くしかないのだろうか。
[PR]
by para_noid | 2008-09-05 20:10 | 連絡
毎日繰り返される段ボールの開封と整理、破棄、そして裏切りと逃走のルーティンワークにすっかりと体力と気力を奪われ、長らく日記を書く気力をすら奪われておりました川原です。皆様、お元気でしょうか?私は元気です…元気ででです(機械音声)。

父の生家から運ばれた段ボール、母の実家が取り壊される際に運び込まれた段ボールと家具類、取り壊した実家で2年前に梱包しまくった段ボールに、そしてここ一ヶ月格闘の上に梱包にこぎ着けた借家生まれの段ボールたち……その戦隊というよりはある種の軍記物の様相を呈する段ボール4個中隊の進軍を受け、「物がないと家って広いねー!」だの何だのと呑気に語らった過去は帳消しに。とりわけ、先日梱包したばかりの品々を返す刀で開けゆく作業は、賽の河原で石を積むがごとく鬼畜の作業でございました。

そして我が家の面々はと言えば、家の中に生まれた段ボールのラビリンスのなかで、揃いも揃って迷っておりました次第。引っ越してよりまもなく2週間ですが、住んでからわかった設計上のミスなども山積し、まさに悲喜こもごも、休む間もない半月でありました。


小学生時代よりお世話になっている近所のおばさんなどは、「私が建て替えた時なんて、3年はあけてない段ボールもあったわよ!」と、暗に「ゆっくりやれ。さもなくば死ぬぞ?」という忠告の声を発してくださるも家人には届かず。働きづめたまま倒れる者も出て、「陸揚げされたアザラシノ様だ。」と生き残った家人の双眸に涙を湛えたなどの事件もあったのですが……その甲斐あってか、ようやくある程度の目処は立った模様。後は、ペースを落としつつ、家に依然残る謎を解き明かながら、片付けという名の漢坂を登っていこうといった次第であります。


最後に母の発した此処一ヶ月でもっとも許されざる一言を書き残してお別れをしたいと思います。

「あんたが売れない役者で良かった。家の片付けには男手がいるものね♪」
[PR]
by para_noid | 2008-09-05 19:31 | 戯れ言