実験的にあれこれ


by para_noid
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

合宿中

c0059581_1274421.jpg

ただいまお兄ちゃんの家で合宿中。自分の顔が死ぬほど嫌いなので、お兄ちゃんの素敵ショットを載せるなり。もう、来週なのね……頑張るわよ!

ライブでは、悲しい重大発表などもやる所存。うむ……うむ!
[PR]
by para_noid | 2008-05-22 01:27

食い寄る混沌

c0059581_1057541.jpg

「ブログは写真と小ネタで勝負だよ!」とアドバイスを頂き、唐突に何か写真を載せようとアクセク。ブログらしいブログを装おう週間として、暫く無理矢理頑張ってみる。

んで載せるのはラーメン画像……うん、間違えてなんかない!ちなみに食べたのは左の巨大な方。何と2.5玉ですよ!流石に、苦じがっだ。
[PR]
by para_noid | 2008-05-11 10:57

われ思う 故に訳有り

マジ兄こと間島プロの影響で、最近お笑い番組を(以前よりは)よく見るようになったのだが、どうにも何が面白いのか良く解らない芸人さんが多い。特に一発ギャグで乗り切る方々のネタが今ひとつ……そんな中で最近好きなのが、ヒゲ男爵さんと我が家さん。何だか見ていて安心、かつ好感が持てるのですよ。

しかし最近は笑えない事件ニュースが多くて気の滅入るところ。茶化して少しでも笑わねばとは思えど、茶化すに茶化せず難儀ですね。
[PR]
by para_noid | 2008-05-09 13:25 | 戯れ言

衝撃の事実無根

縁あった声優さんのblogを拝見し、『あぁ、声優さんのblogってこういうモノなんだ!』と目から鱗の川原です。何方も此方も輝かれておられる。それに引き替え俺と来たら……くっ(泣きながら全裸で逃走)。


さておきゴールデンウィークなんですが、一切ゴールデンといった事はなく、強いて言うならば鈍色でありダルカラー週間。てか、マジで怠くなりそうで憂鬱感がいや増しますねダルカラー週間めは。

と余りにアレなので、薔薇という漢字を筆ペンで書けるようになってみました。これで何時でも薔薇の戦士の名乗りを上げながら、其処かしこにスプレーで「薔薇乙女参上」と書き逃げする準備が整った次第。とりあえず10年以内にその方向で華々しくデビューしたいところです……薔薇だけに。

しかし……昨日目の前を歩いてた女の子のスカートが強風に煽られめくれるという珍事があったらしいのですが、居合わせた男性一同全員が見逃すというガッカリな事態が発生。私に至っては、真後ろにいたにも関わらず、ファミレスで衝動買いした「水戸黄門の印籠型ライター」の値札シールを剥がすのに必死だったとあって、そのがっかり感や一塩です。そもそも、本当にスカートはめくれていたのでしょうか?……いいえ、そんなはずはありません。あって良いはずがないのです。だって、見てないもの。見てないこと何て信じられませんもの……くっ(泣きながら全裸で逃走)。

……む、文字にしてみると本当に最低だな!
[PR]
by para_noid | 2008-05-06 13:23 | 戯れ言

金のナマコ

イトワタがゴールデン(意味無し)。

語感は金の卵に似て居るな……などと思ったが、卵ばりの発展性がないので努力してみました。おじさま方に大人気。


さておき、昨日は下和田お兄ちゃんの自宅にお話に伺いつつ、お兄ちゃんの素敵な忙しさに目にジンワリ涙。あの方、輝いてる!と、遠い人に成りつつある素敵な日常の充実ぶりに嫉妬したりしなかったりで御座います(待て)。

んで、歌は何やら素敵にバーボン。『俺等、何か客層無視気味ですよね……(意訳)。』という拙僧の呟きに、『客層にあわせるんじゃないのです、お客様に提示するのです(意訳)』という熱きアーティスト魂を見せていただき感服いたした次第。しかし、仮歌を吹き込む為にまずお兄ちゃんに歌って頂いたのだが……情感たっぷりやのう。俺、頑張らないと足引っ張っちゃう(カタカタカタ)。

さておき、エロオヤジトークも程々にと言いつつ、短時間の内に人様に聞かせられないエロトーク分を充分に補充。オッサンになったなぁと思った次第。
[PR]
by para_noid | 2008-05-05 00:14 | 戯れ言

本を買い本懐を遂げる

書店で「銀河ヒッチハイク・ガイド」シリーズを全巻購入。明日辺りから読み始めようと思うが、4作目のタイトル「さようなら、いままで魚をありがとう」というタイトルが妙に心を引きつけ手やまない。というか、タイトルだけで満足してしまっている感があり、そこは難儀。こういう語感に弱いんだと思う。


話は変わるが、長年上野動物園で愛され続けてきたパンダのリンリンが亡くなった際、知人が言った「なぜこういった時、何の疑念もなく天国に行っても元気でねと言うのだろう。」と言う言葉が印象に残る。成る程、天国に行くとは限るまいとは思うが、言ったが最後、言った側の株価が下落する事は間違いなかろう。いやそもそも……まぁいいや。

というか、「地獄で待ってろ」等と言うのはフィクションの戦場モノと、家庭内ブラックジョークだけで充分だ。しかし、改めて文章にしてみると酷い内容だな……。
[PR]
by para_noid | 2008-05-01 23:21 | 戯れ言