実験的にあれこれ


by para_noid
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

神様の言う事にゃ

久々に髪を切った。

どれ程に久々であったかと言えば、十数年『髪を切ると言えば其処で』と決めた美容院に行った際、店員さんが「前回のご来店、去年の3月ですよ」と驚きながら話す程度に久々。なるほど確かに、「お洒落と言うよりは不快な長さ」と方々で評判であったはずである。何というか、人里離れて山で修行をしてきた甲斐もあったというモノだ。……まぁウソだが、世に出ぬ点ではさして変わらぬ故、山にいたことにする方が何かと都合がよい。お陰で、仙道に長け、今では一人で寝間着のボタンも留められるようになった。げに山籠もりとは人を成長させるものである。

まぁ美容室では案の定、「どういう髪型にしたいか」のビジョンのない私を店長が自己判断に基づき切るという、例による「洒落っけに薄い駄目人間」の典型とも言うべきスタイルを踏むの事。それでもなけなしの勇気を振り絞って出した「目にかからない程度に短くお願いします!」の元気いっぱい一年生の如き発言は、「んー、長くても良いんじゃない?」の一言で一蹴された。「この道云十年のベテランの言う事には逆らわない。」という、恐らく私の判断は正しかったように思う。だが、きっと数ヶ月を待たずに私の髪は切らざるを得ないであろう事は確かだ。

さて事後……「どう?」という、「此奴でフィニッシュだ坊主。」と同じ意味の言葉を聞きつつ鏡を見ると、何かボブっぽい髪型になった自分が其処にいた。ちなみ髪型のボブカットの意味であり、決してハンバーガーが好物のアメリカンっぽくなったという意味ではない。

何でむさい俺が娘さんみたいな髪型に……と思わんでもないのと同時に、何か心の奥底に引っかかりもあったのだが、久方ぶりの短髪のサッパリ感が勝り爽快に礼を述べ帰宅。家人の発した「何か君はIKKOに似ておるのではないか?」との声に、心の奥底の引っかかりが何であったのかを知り、靄の晴れた爽快感と共に人への深き怨嗟の生じた次第である。


しかしアレだ……髪を切ると未だに遊佐未森さんの「髪を切った~♪」という歌声が再生されるのは、最早消えようのない愛の呪いなのであろうな。男なのに「男の子みたいに」とも言えぬが。
[PR]
by para_noid | 2008-03-24 00:30 | 戯れ言

何で

メインで使っていましたノートPCが動かぬ板にジョブチェンジ。明日は仕事終わりに修理に出しに行く所存。今は旧「唸り箱」こと据え置きのPCの力を借り、愚痴を、書き込む。……壊れるなよ電気板!性能の良い暖房器具になり下がりおってからに……寂しいじゃない、馬鹿!(間違ったツンデレ気取り)。

しかし、こういうときに真っ先に思い浮かぶのは「何でPCはすぐに死んでしまうん?」という節子節な辺りは、立派な駄目人間であろう。ふと気がつけば後ろから呼んでも節子節であるな。ふはは小気味良い。

どうでも良いが、ネット界隈で偶に思い出したように囁かれる「節子、それおはじきやない!チャカ(拳銃)や!」というネタは好物中の好物。泥の中より拾う硝子は宝石のようで素敵であるものよな。

にしてもなんだ……修理費高かったら泣いてやるんだから。馬鹿めが。
[PR]
by para_noid | 2008-03-23 23:24 | 戯れ言

娯楽の落伍者

年が明けてからこちら、買った本読んだ本の8割方がSFであったと言うことにやや驚きつつも、面白いシリーズを人づてに聞き、それが読めたと言うことにちょっとした喜びを感じる。


このこと自体は以前にも書いたかも知れないが、読んでいたのは「紅の勇者オナー・ハリトン」シリーズ(デイヴィッド ウェーバー著/ハヤカワ)と「若き女船長カイの挑戦」シリーズ(エリザベス・ムーン著/ハヤカワ)の二シリーズ。

カイには正直それほどの求心力を感じなかったのですが、ハリトンの魅力は群を抜いており、既刊16巻目のクライマックスでは、思わず居住まいを正した程。読み進めていた車中においては、涙すらこぼれそうになりましたよ。翻訳を待ち……早く続刊が読みたいものです。

その翻訳待ちのつらさを、本を紹介してくれた方に軽く漏らしたのですが、「待つくらいが何だ、作者に死なれたよりなんぼマシだ。」とお小言。罰としてそのシリーズを読み、同じ煩悶を味わえとのお沙汰には、中々首を縦に振れぬ次第。「面白い本なのは確実。」そして「結末を知れないのも確実。」、このジレンマたるや……ご愁傷様と言って逃げるほか有りますまい。しかし、ジワジワと好奇心が己を蝕みおります。さて、何時その罰を自ら受けるやら。

と、とりあえず読む本も当座無くなったので、SFとファンタジーを何冊か買い込んでしばしの慰めとしようかと購入したのは「タフの方舟」(ジョージ・R・R・マーティン/ハヤカワ)
とその続巻、ベルガリアード物語(ディヴィッド・エディングス/ハヤカワ)のシリーズ5巻の系7冊。

「これだけあれば当分保つさ!」とたかをくくっておりましたら、タフのあまりにの面白さにたちまち2冊を読了と相成り、ややも危機感を抱くも、ベルガリアードに連なるシリーズが総計28冊も有るとのことに安堵。頼もしいったりゃありゃしねぇぜ、なのですよ。てかここんとこ、ハヤカワばっかだな(遠い目)。

しかしまぁ、タフほど愛せず、面白いを主人公を見たことがありません。本が好きなら無聊慰めついでに一冊如何で?
[PR]
by para_noid | 2008-03-14 22:24 | 戯れ言

彼の名は

c0059581_2154126.jpg


More
[PR]
by para_noid | 2008-03-14 21:05