実験的にあれこれ


by para_noid
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

全速力で駆け抜けろ。

朝起きてテンションを上げようと、

    _  ∩
  ( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
  (  ⊂彡
   |    | 
   し ⌒J

を敢行したのだが……テンションを上げすぎたのか、勢い余って振り下ろした右の拳が左の二の腕を強打。近年、積みに積んだ駄目人間的功夫の発露により、左腕が痛ぇ……超痛ぇ。久々に死にたい気分だ。むしろ、死ぬべきであった。久々に人殴ったよ。
[PR]
by para_noid | 2006-12-08 11:10 | 戯れ言

水底タイル

私の好きな作家さんに「佐藤亜紀」さんという方が居らっしゃるのだが、この方の日記から「日本時間で12月06日02:27頃に、ヴェネチアに高潮が来る可能性がある。」との情報を得る。

この高潮は『水の都ヴェネチア』の街を水に浸らせてしまう程の規模らしいが、噂には聞けど、その情景には未だお目にかかったことが無い。ただ、想像するだけでもなかなかの趣であろうと言う事は感じる。日記に寄れば、可能性に過ぎないが「観光用に設置されたウェブカメラによって、水没するサンマルコ広場の情景が見られるかも知れない。」事も示唆されていた。

折角なので、「サンマルコ広場のウェブカム」を検索。この時間帯に自宅にいるかどうかが解らぬのが残念ではあるが、遠い水の都で、趣どころじゃ無いだろう現地の人々の暮らしなどを想像しつつ楽しむことにする。

しかし、改めて「佐藤亜紀」さんの文章を読み返しつつ、この方の文章がたまらなく好きな事に気づかされる。嫌な笑いが咽奥から漏れるという系統の好きさ。たまらん。
[PR]
by para_noid | 2006-12-05 20:53 | 戯れ言
余計なことばかりを気にかけ、余計な事をやり、余計な存在に成る。という、余計な半端者の三段活用とも言うべき壮絶な進化を遂げ、気がつけばすっかり己が疎ましく感じる昨今!……その呆けた進化をもって、我が身をボケモンと名付けることにしようと思う。

という余計な事はさておき、ありがたくも心の成長にグッド悪影響を与えて下さった作品の一つに「ヤン・シュヴァンクマイエル」の映画があるのだが……どうも新作映画が上映されているらしき事をネット上で知る。タイトルを「LUNACY」と言うのだが、サイトを眺めているだけでこう……嫌な笑いが咽の奥から漏れそうになりますですよ。てか、何時まで上映しているか解らないが、観に行けたら観に行きたいところ。『何も考えずに生きていたいならば、見ない方がいいかもしれない。』とか言われるともう、余計なことを考えに行きたくなるじゃ御座いませんか。

とか言いつつ、DVD待ちになる事が多いのだがな。この腰の重さは治さねばいかん……腰の軽い男になるのだ。いやらしい(待て)。
[PR]
by para_noid | 2006-12-05 06:29 | 戯れ言

理尽き義も果て

昨日は、「クローバー」の会場誘導のお手伝いをして参りました。本来であれば、公演に至るまで色々とお手伝いすべきところだったのですが、諸々あり手伝いすらまともに出来なんだ事が大きく痛むところです。

ともあれ、無事に公演の成ったことを、心より嬉しく思っております。やはり、何かを作り上げた人達というのは力強く、輝いて見えるものです。言えた資格はないのですが、羨ましく感じるところでした。本当に、皆様お疲れ様でした。
[PR]
by para_noid | 2006-12-04 09:37 | 戯れ言

まんまる円い

仕事からバイクで帰宅途中のこと。いきなり車線変更してきたタクシー回避のため、ハンドルを切りつつブレーキ/後輪が軽くロックされスライド(ヴェロシティ風(待て))。

More
[PR]
by para_noid | 2006-12-01 00:31 | 戯れ言