実験的にあれこれ


by para_noid
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ダブルでお願いします。

オーハシ君からの連絡で、中学時代の後輩ナオ君夫妻と、その双子の息子達を囲んでお食事の事。「育児に追われる奥様も、偶にはパーッとご飯が食べたいだろう!」と企画されたとのこと。参加してみれば、なるほど元気な双子のパワーは恐ろしく大きく……これでは外に食べに行くのもままなるまいといった感じでした(^-^;)。

とりあえず、双子を疲れるくらい遊ばせてやろうと奮戦するも、アッと言う間にこちらが疲れる始末。コレを毎日さばく奥様の苦労が心底忍ばれた次第。ただ、この双子が本当に可愛くて、性格がよくて……このまま可愛く成長して欲しいモノだと、外野ながらに楽しみになってしまいました。

それにしても、自分より若いのに、奥様と二人の可愛い子供をしっかりと養うナオ君には尊敬の念。夫妻そろって幸せそうなのにも、たいそう和ませて頂きました。何か、良いなぁ。
[PR]
by para_noid | 2006-04-30 13:21 | 戯れ言

辟氏と易氏の出会い

恐ろしく起伏に乏しい日々を過ごしたが為、悲しいほどに書くことがない日常を悲しく思う昨今。皆様におかれましては、如何お過ごしでしょうか(遠い目で)。何というか、周りの些末に心を奮わせるゆとりが無いと、人の心というのは随分と鈍磨するものだと思わされることしきりです。どうも……心の豊かさというモノが足りません。

ここ暫くの、エロスと物欲だけに心揺らされる俗物っぷりには涙が出そうな所。リハビリがてら、何でも良いから書くという姿勢で、周りの様々に目を向ける心を持つ努力だけでもしてみようかなと思った次第。……まぁ、でも所詮俗物だからなぁ(いきなり諦めムードで)。
[PR]
by para_noid | 2006-04-29 01:55 | 戯れ言

PARASAIYO CUP 2006

フィリピンの孤児達を支援する事を目的に活動している団体「Parasaiyo」さんが、「PARASAIYO CUP 2006」というチャリティー・マラソンイベントを企画されています。大会で得られた収益金を、「フィリピンの孤児院をはじめ、世界の恵まれない子どもたちへ寄付」し、「学費や生活費として使う」イベントとなります。事前のアドバイスや練習会など、参加される方々へのケアも充実した、行き届いた感のあるイベントです。

More
[PR]
by para_noid | 2006-04-26 00:03 | 連絡

口を開けば戯れ言ばかり

もう口を開けば漫画かゲームの話しばかりという、一介の成年男子として「如何で御座ろう?」な感じの小生でありなんすが……軍隊の教練宜しく「25日はアフタヌーン!」を連呼しながらコンビニにダッシュ。移動中の車内においては、百科事典もかくやと言う厚みのあるボディを片手で支え、人目も気にせず黙々と立ち読みを敢行!最早其処には、羞恥心も、言い訳もありません!ビバ、駄目な大人!

More
[PR]
by para_noid | 2006-04-25 20:16 | 戯れ言

恋愛戯曲

私の告知ではないのですが、大事な先輩と友人、岡田純子姉さんと小田久史君が出演します舞台が後一ヶ月と間近に迫って参りました。「Liddell Project」の第一回公演となります演目は、鴻上尚史作の「恋愛戯曲」。本家の公演も近い中、先んじての公演となりますですよ!宜しかった是非、足をお運び下さい!

チケットのお問い合わせ等は、。「Liddell Project」の公式HP等でご確認の程、宜しくお願いいたします(^-^)。
[PR]
by para_noid | 2006-04-21 01:15 | 仕事・告知関連

散華さん

本日は、両親と共に美輪明宏様の舞台「愛の賛歌~エディット・ピアフ物語~」を観に行って参りました。母が、2000年に上演された「愛の賛歌」に感動し、「是非とも!」とチケットを取ってくれたのですが……観に行けて良かったです。

More
[PR]
by para_noid | 2006-04-21 00:35
昨日は、友人のステディーであるジェシー君とランゲージ・エクスチェンジをやって参りました。「日本語を習熟したいジェシー君に日本語を教える変わりに、此方も英語を教えて貰おう。」的な企画だったのですが……日本語が堪能なジェシー君に此方が教える事は殆どなく、英語で会話をする段では迷惑をかけ通しという情けない有様に。真面目にエクスチェンジをしようと訪れていた親友を、酷く幻滅させた次第で御座います。

More
[PR]
by para_noid | 2006-04-17 23:49 | 戯れ言

命短し突撃乙女

過日のこと。「あぁ、結婚したいねぇ。」と、いつもの通りに意味も無く、適当に呟いたところ……「何と?」と切り替えされ、暫し考え込んでしまった。

普段であれば「誰とだろ!」とか「人と!人と!」と、何かしら突っ込むところではあるが、「本日はテンション低めでお送りしております!」といった状態であった為か、それが意味もなく深い問いかけに思われてしまった次第。

さて私は普段、一体「何と結婚したい」などと思って居たのだろうか?考えてみるだに、実に恐ろしい。何ぞ寓話の「猿の手」ばりに、願ったら最後、とんでもないモノが現れそうで実に恐ろしいのだ。回答が曖昧であれば曖昧であるほどに、現れるモノのトンデモっぷりは凄まじいものになるのだろう……。

してみれば、やはり確固たる相手もビジョンも無き内は、迂闊に「結婚してぇ」等と言わぬが良いのかも知れぬ。あぁ、しかし彼女が欲しい……ギャー(バッドエンド)。
[PR]
by para_noid | 2006-04-15 00:57 | 戯れ言

乙女の条件

ボンゴレビアンコと言うスパゲッティの名を聞くたび、何故かそれが女性の名前に聞こえてしまうという奇病に罹っていたが……「最後にコが付いている為だ。」と今更ながらに気がつき、自分の単純さ加減に頭を抱える次第。

ってか、「ビアンコなら男性だよな?」と、どうでも良い脳内堂々巡りの旅は今も続く。してみれば、「○子」という名前は、国によっては男っぽい名前とか思われているのかしらん?……って、本当にどうでも良い。とりあえず、ボンゴレ・ビアン子がどういった人物であるかを細かく考えて時間を潰す春の夕べ。……駄目くさいでーす(遠くを見つめる)。
[PR]
by para_noid | 2006-04-14 23:48 | 戯れ言

落ちる花弁も踏み汚れ

昨年の今頃は、丁度一つの決断をし、行動に移した頃でもありました。当初は自分の力の無さを痛感し、思うところも大きかったのですが、ここ暫くは安寧と思いこんだか、酷く自分に甘い日々を送っていたように思います。自分の力の無さを自覚し、褌を締め直さなければいけません。本当に、水は低きに流れるものです。反省するばかりですよ。
[PR]
by para_noid | 2006-04-14 00:24 | 戯れ言