実験的にあれこれ


by para_noid
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

蛹化する中年

流石に冬だけあってか空気が酷く乾燥しており、手と言わず足と言わず、体中がひび割れて裂傷を生ずるの事。特に踵の乾燥は酷く、一見すると「石化でもして居るのではないか?」と疑いたくなる程である。折角なので、寝る前などは踵をさすりながら「姫様はこの足を『働き者の足だ』と言うて下さる。」とナウシカごっこ等して遊んでみる次第。真実は、余り働いていない堕落した者の足なのだが。

このひび割れた足の中から、新しい何が産まれて来やせんだろうかと淡い期待を抱くものの……所詮は所詮故に、大したものも産まれますまい的にアレ。
[PR]
by para_noid | 2006-01-12 03:05 | 戯れ言
私がオッパイに勝るとも劣らず愛している愛車「件」の修理費ですが、「六万円程かかる」との見積もりが出てきました。「僕、何も悪いコトしてないのに!」と泣きながら階段を転げ落ち、痛みの力で犯人を呪うしかありません。実行……そして、痛みの余り声も出ずに失敗。単に寝ぼけて足を踏み外しただけなのは、秘密の温子お姉さま(28歳独身)。

しかし、六万円!これだけあれば、何が買えると思うのでしょう!!カエルだと何匹飼えると思ってゲロりやがる(正気ヲ失スル)。ウェーイ、ゲロゲロゲロゲロ.......(呪い中)

それにしても……未だに「川原さんゴメンナサイ」と、血書きのメッセージを残して怪死した人物が居ないところを見ると……まだ犯人は美味しくご飯を食べながら暮らしていやがるっぽいですな。あれぇ、そろそろ呪いの効果が出ても良い頃なのに(そろそろ許せ)。

More
[PR]
by para_noid | 2006-01-10 02:50 | 戯れ言

数値海岸の先に

先日、御紹介させて頂いた「飛 浩隆」さんの「象られた力」がかなり面白かったので、同じく早川書房より出ている「グラン・ヴァカンスー廃園の天使」を購入。コレがもう、読み始めたら止まらない面白さで、一気に読み上げる。

ある程度の長編になると、物語の終わり間際に「急ぎ過ぎた風情」を感じたり、その終わり方に不満を感じることも多いのだが……物語の続きを大いに期待させ、真実を知った上で最初から読み直したいと思わせる美しい終焉に感動させられた。三部予定の第一部とのことで、今後が非常に楽しみ。早く読みたいが、続きが観られるのは当分先なのだろうな。

More
[PR]
by para_noid | 2006-01-09 00:59
今月中に亡くなった祖母の家を取り壊すことになった為、とりあえず必要な物を回収すべく祖母宅を行ったり来たり。人が住まない家の気配の無さには、なんぞ寂しい以上に来るものがあります。

More
[PR]
by para_noid | 2006-01-08 22:29 | 戯れ言
ここ数日、色々と薄ボンヤリとしていたら何時の間にやら七日に……七草粥の日ですよ奥さん!メーデー!!メーデー!!草を食え!!

って馬鹿はさておき、より一層メーデーっぽいのは……「ワンワンセレプー それゆけ!徹之進」が本日七日より放送開始と言う事を告知していなかったこと。「犬山マサオ」役で参加させて頂いています。マサオさんの不憫さに、毎度泪が隠せません。

かなり弾けたアニメの印象が強く、収録は大いに楽しませて頂いていますです。宜しければ観て下さいね!って、既に第一回放送が終了した後に告知するなよ、俺は_| ̄|○ 。
[PR]
by para_noid | 2006-01-07 09:50 | 仕事・告知関連

この戌め

今年の年賀ハガキはこんな感じでした。

年賀を送れない方もいるので一応公開の事。ファイルサイズは大きめですので、あらかじめご了承下さいませ。「川原に年賀状出したので、まだ見たくない」という人は見ないでおいて下さい。

More
[PR]
by para_noid | 2006-01-04 01:01

グレゴリオ・ペック

年を経る毎に、年始を年始らしく過ごすことが少なくなってきたような気がする。そんな感傷めいた思いを両親に告げてみたところ、「お前が結婚して嫁でも来れば、嫌でも年始らしくするわよ!」と、藪をつく前からやる気の蛇がこんにちは。

18禁(待て)
[PR]
by para_noid | 2006-01-04 00:48
新年明けましておめでとうございます。

ただ……そう、ただそれだけなのですよ。一年の計は元旦にあり等と申しますが、一体どのような計を立てれば納得出来ると言うのでしょう。いつ何時、何が起こるのかも解らぬこのご時世。私たちに出来ることは、その日その日を精一杯に生きることだけでは無いでしょうか。そう、人生は行き当たりバッタリ!行き当たりバッタリ!!

と、何ぞ年始ぐらいは良い事を言おうと格好つけたくなるも、あえなく失敗。適当に良いことを言おうと思うと、適当な結果にしかなりませんね。とりあえずは、「成り行き任せに生きるのをやめよう。」を今年のテーマにしたいと思います。

真面目なこと、真に目標とすべき事は胸の内に。不言実行が一番です。何にせよ、今年一年が良い年になりますよう。

今年も宜しくお願いいたします。
[PR]
by para_noid | 2006-01-01 23:22