実験的にあれこれ


by para_noid
カレンダー

<   2005年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

小麦の空に

何が好きかと言って、「空飛ぶスパゲッティモンスター教」の様な皮肉の効いた切り返しがたまらなく好きだ。創造科学、ID説の類には、どうにも拒否感が強く働いていけない。しかし何だ……本当に可愛いな、このモンスター。
[PR]
by para_noid | 2005-10-21 03:27 | 戯れ言

寒波を練る猫

寒さの堪える季節になってきました。この調子で寒くなっていくとなると、来年の今頃なんか零下ですよ!零下!!ワー、タイヘンダー(棒読み)!って、冷えた体を温めるべく、風呂に湯を張る事の多くなってきましたが……芯に染み入る湯の熱さの心地良さったらありませんね。まぁ、季節なりの楽しさって事で。

今後の楽しみは、チョコの種類の増えゆくことに、饅頭の類の増えゆくことか。そして何より、厚着の娘の増えゆく事(エロオヤジ)。北風の旦那には是非共に頑張っていただきたい。
[PR]
by para_noid | 2005-10-21 01:26 | 戯れ言
幸せになりたい何ぞと思ってみるは良いが、何がどうなると幸せなのかがよく解らず、現状維持を選択。気持ちと努力次第で、いかなる現状も様相はガラリと変わって見えるような気はする。分を越えて望まぬ事、分を越えた望みなら分を上げること。
[PR]
by para_noid | 2005-10-19 01:40 | 戯れ言

絶対可憐チルドレン

椎名高志先生の新作「絶対可憐チルドレン」が、満を持して1.2巻同時発売!と言うことで、ファンであるところの私めは書店にて粛々と二巻ともに購入するのでありました。

問題は……次にギャラが入るまで一週間以上あるということ。お財布の中身が、そして俺が大ピンチ。でも仕方なかったんだ!だって!!だって……椎名先生のマンガが好きなんだもの(29才の台詞としては余りにもアレなナニ)。助けて「B.A.B.E.L」の偉い人。

それにしても、自宅に帰ったら講談社の「四季賞クロニクル(6千円と同義語)」が届いている辺り……誰かが俺の命を狙っているとしか思えません。予定通りに発送されてくれてりゃ、金には余裕があったのに(血涙)。

片手で数えられる野口英世小隊が俺の生命線!……夏目先生なら、勝てた(何にだ)。
[PR]
by para_noid | 2005-10-19 00:51 | お薦めもの
久方に騙し騙し維持してきたテンションの途切れさせる出来事の二三あり、微妙に前に進む歩調に乱れの出た感がある。どうにもそう言った出来事と言う奴らは、隙を突くことが上手いらしく、非常に宜しくない。なので、また自分を騙すウ為ンにパ、色ル々とン余計パなウこンとパに首ルをつっこまン……ッパ。


あぁ踊ろう、踊りに行かなきゃ(ふらふら)。
[PR]
by para_noid | 2005-10-18 00:21 | 戯れ言

弥衛門と饅頭道場

本日は友人と一緒に、六本木ヒルズVIRGIN TOHOシネマズにて「チャーリーとチョコレート工場」を観て参りました。休日で混むだろうと思いきや、友人が事前にチケットを予約してくれていたお陰ですんなりと入場……「便利な時代になったもんだなぁ。」と、感心する事しきりでしたよ。場所的には少し遠いのだけれど、良い席に座れて大画面で観られてと良いことずくめだったので、「以後、余裕のあるときは積極的に此処を利用しようかな。」何て思った次第。

More
[PR]
by para_noid | 2005-10-17 01:39

再びの空

記憶から消える程度に昔のこと。良く言う語りによれば八年の昔。家の窓から外に向け、何ぞ種を捨てた事のあったらしい。植えた覚えもないまま何時の間にやら育ったその木は、実を付けた事で柿と知れた。

恐らくは無精で吐き捨てたものだろうが、よくもまぁ実をつけるまでになったものである。世話をした覚えもなく、出自も口から飛び出たお家柄とあって……その実のさぞや渋い事と思うが、何ぞ鴉に食われることなく熟れて欲しいものである。いやさほら、もう一度お口に里帰りを願わなきゃなりませんからな。
[PR]
by para_noid | 2005-10-17 00:57 | 戯れ言

赤毛のアンダーソン閣下

ここ暫くキッズステーションで「赤毛のアン」の再放送が放映されていたのですが、母は若かりし日の乙女回路がいたく刺激されたらしく、毎日の様にご覧になられておられました。一方の息子はといえば、食事時に50娘が「キャキャー」とアニメを見ているのが耐えられず……「殴っても、殴っても、止まらない口♪」と悪質な主題歌の替え歌を歌っては、アニメ視聴を阻もうと孤軍奮闘のこと(父は既に諦め)。一時は殴り合いの喧嘩に発展しかけもしましたが、気がつけば息子の方も面白くなってしまったらしく、最後には赤毛の成長っぷりを家族で見守る事となりました(呑気な家庭だ)。

More
[PR]
by para_noid | 2005-10-16 02:33 | 戯れ言

怪死への道程

本日から、いよいよ「白のカノン」の稽古がスタートしました。本日はまず、皆で黙々と本を読み合わせるの事。全キャストが揃うのは暫く先の事になるので、読み合わせ自体も代役が多く……まだまだ全体としては未知数ですが、面白い舞台を目指して頑張れればなと。

稽古終了後は、初回と言う事もあり軽く飲み♪何ぞ、楽しい人ばかりで今後が楽しみですよ。……ってか、自分は特に舞台経験が少ないので頑張らねば。うひぃ(うひぃじゃねぇ)。しかし、「川原君は黙ってればいい男に見え無くもないのに。」とまたも言われるにいたり、「喋る自分の全否定」を悲しめばいいのか、「いい男に見えなくもない。」部分を喜べばいいのかが悩みどころで御座います……くそぅ。
[PR]
by para_noid | 2005-10-16 01:50

メノクトゥ

眼鏡だけでは色々と立ちゆかない事が多くなって来ましたので、久方ぶりにコンタクトレンズを作りました。しかしここ暫くの内、体がすっかりと眼鏡の生活を覚え込んだらしく、気がつけば存在しない眼鏡を直していた次第。習慣とは恐ろしいものですな。

それにしても、この目に異物が入っているというこの違和感……何故暫く前の自分は平気だったんだろうか。鏡の中にいる「眼鏡を掛けていない自分の顔」にも違和感を感じる始末ですぜ。コンタクト復帰は難航しそうで御座います。
[PR]
by para_noid | 2005-10-15 03:14