実験的にあれこれ


by para_noid
カレンダー

2009年 01月 18日 ( 1 )

惑湧くさん

『「狂い」の構造 (春日 武彦/平山 夢明 (著) 扶桑社新書)』という本を先日購入し、読了の事。精神科医である春日武彦先生と、どぎつい『狂気』を叩き付けてくる作家・平山夢明先生という『狂い』のエキスパート二人の対談形式による、ざっくばらん過ぎて読んでいる側が冷や冷やする一冊。普段オブラートに包み、見えないところに追いやりがちな話を明け透けに語られているので……ちょっとドキドキしてしまいましたわよ。

しかし作中の、『面倒くさいという感情が狂いを生み育てる(意訳)。』といった一節が、妙にすとんと腑に落ちた次第。面倒だと放置するうちに異常に慣らされてしまい、それが常態になるというのは実感としてよく解るところで……身~に~つ~ま~さ~れ~る~!!諸々がモロモロと崩れていくのを現在進行形で体験しているだけに、なかなか心に痛い本でありました(^-^;)。

とりあえず、伊坂幸太郎さんの魔王が面白かったので、モダンタイムズ購入。次はこいつを読むざんすぜ!
[PR]
by para_noid | 2009-01-18 22:47 | 戯れ言