実験的にあれこれ


by para_noid
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2006年 08月 26日 ( 2 )

つきの尽きたる月の夜

以前、NHKは「みんなの歌」で何となく耳にし、気になっていた歌の正体が「諫山実生」さんの「月のワルツ」と判明。早速喜んで、諫山さんの5thアルバム「Woman」を購入したのだが、入っていたのがうっかり「月のワルツ(2006 Jazz Version)」……何ぞ、全然曲調が違ってがっかりマダムで御座いますわよ(これはこれで素敵なんだが)。

なんでぃ、4thアルバム買わねぇと入ってねぇってか?けっ……今度買います。てか歌声の綺麗な方だなぁと。一通り聞いたら、次は遊佐未森さんだ(スキンヘッドで聞いていると妙に怪しいところだが)。
[PR]
by para_noid | 2006-08-26 01:10 | 戯れ言

子猫の心臓

タイトルは「新居昭乃」さんの歌のタイトルだが、中身はここ最近話題になっている作家「坂東真砂子」さんの「子猫殺し」問題について軽く。詳しい内容に関しては、方々で語られているところでもあるので、知りたい方はそちらで調べていただくとして……どうにも「子猫を殺すなんて酷い!」という論調以外の所で引っかかりを感じていた。

ソレが何なのか今ひとつ解らずに居たのだが、この問題を『坂東氏の文学的な趣向の誇示に過ぎないのではないか。』とした、作家「佐藤亜紀」さんの日記サイトの一文でするりと自分的には腑に落ちた次第。『文学者気取りの発露』あたりが特に腑に落ちた感。業の深そうな素振りと懊悩の押し売りみたいなのが気持ち悪かったんだな、私は多分。
[PR]
by para_noid | 2006-08-26 01:00 | 戯れ言