実験的にあれこれ


by para_noid
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

薄氷を踏み踏み文を書く

世代の問題とも思わないのだけれど、目上目下という区分けとそれに対する態度、尊敬語やら謙譲語やらを含めた言葉づかい等々、随分と頓着しない方々の増えたモノだなと思う事があります。最近気になったのが君付けの事。かつては、『目上の人間に対して使う言葉』であり、今でも国会の呼び出し等で「○○君」等呼ぶのにその名残は在るわけですが……現代社会ではまず、同格かそれ以下(この言い方も問題だが)の人間に対して使う呼びかけと言って大きな間違いはないかと思います。いきなり目上の人に「君付け」すると、まず間違いなくアンチ好印象であり、彼氏のハートをゲットー送りに出来るからまず間違いない。






「君付けする事で、より一層の親しみを感じる。」というのは、当然のことで、親しみを込めてそう呼ばれるのは嬉しいモノです。ですが一方で、いきなり君付けで始まる人間関係構築術を見ると、古くさいながらも違和感を感じるのですよね(^-^;)。何というか、過程が見えないのですよ。

ソレなりに関係性を築いた上で「君付けする」事には問題を感じないのです。が、やおらいきなり「君付け」から人間関係が始まると言う事が、相手が目上であるなら別として、どうにも一足飛びに過ぎる印象が……って、考え方が古くて固いのかも知れないな、最早(-。-;)。でもやはり、何でも積み重ねだってお父さん思うの。こう、積み重ねに失敗してきた人間としてな(待て)!!

いや、いきなり変な話しをしているのですが、ちょっと礼節に厳しい業界と言う事もあり……ヒヤヒヤする事が多かったのです、ここ数日(苦笑)。しかし、自分も気を付けねばなりませぬ。本当に、何かがすっぽ抜けているときがあります故にな。ふははは(乾いた笑い)。もう、俺は駄目だ(待て)。

追記:ゴルフの「ハニカミ王子」等と呼ばれている方が、ラウンド中に年上の方を「君付け」、他プレイヤーから注意されたと言うニュースが記憶に新しかった次第。
[PR]
by para_noid | 2007-07-24 01:44 | 戯れ言