実験的にあれこれ


by para_noid
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

荒れ屋これ屋

所用で六本木まで行く用事があったので、そのまま歩いて「GINSUI」さんと言う麻布十番のアクアリウムのお店へ。水槽メンテナンス用の薬剤などを購入しに行ったのだが、「侘び玉」と名付けられた苔玉の水中版がいたくに気に入ったので、コレを購入の事。最近、水槽内の水草が少なくなりすぎた感があったので調度良かった。

帰宅後、水槽に投入してみれば、コレがまた随分と可愛い……早速エビ共が侘び玉に群がる様は、一寸した水中の森のようでなかなかに良し。しばし時を忘れて見入る。30cm四方の世界でこの没入感。お店にあった大きな水槽があれば、どれだけ心癒されるかと思えど、その手の癒しはお値段もエクスでペンシブでいやがる。……さすがに今の身分と稼ぎじゃ水槽一つに50万は無理だ。ってか、むしろ駄目だ。故に、店に、通う。うん、リーズナブル。

しかして、メンテ用品を買いに行くも楽しの図は出来る。

と、そんな事をやってた行き帰り。お供に鞄に入れていたのは、出がけに買った佐藤亜紀さんの「ミノタウロス(講談社)」。ここ数日で何冊か本を読んでは来たが、そのどれよりも文章の密が濃く、心地良い。随分話しを読み進めたと頁を見て、まだ幾分も進んでいなかったことに、ちょっとした快感を感じる位だ。割と読み飛ばせる小説も多い中で、こういう小説がいてくれると、読むと言う事がどんなに楽しいかを思い出せてウキウキする。通じて、積み重ねるという作業の大切さを思い出さされ、我が身を恥じるんだよな……。
[PR]
by para_noid | 2007-07-21 00:48 | 戯れ言