実験的にあれこれ


by para_noid
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

頭蓋スマッシャー仮面

所用からの帰還にバスを利用したのだが、何処ぞの帰りと思われる私服姿のガキ6人と同道。車中で本を読むのが至上の娯楽であるところの私。ガヤガヤ、ドヤドヤと乗車しただけでも、腹の立つことしきりであったのだが、次いで彼らがおもむろに始めた「万引き」自慢とおぼしき会話に唖然とするの事。



曰く、「ずっと店員が見てやがった。」「誰かちくったんじゃね?」「くっそ、やりづれぇ。」等々ときて、しきりにカバンをゴソゴソと漁りだす始末……。その態度の傍若無人さもさることながら、何処に誰居るかも解らない公共の場所で、開け広げにイリーガルトークを始める知能の劣化度合いにも驚愕。何ぞ、酷く暗澹たる心持ちになる。


無論、万引き犯であるという確たる証拠は無く、何ら注意が出来る筈も無い。仮に目の前で商品を取り出したとしても、自分にリアクションを起こせたとも思え無い。ただ犯罪自慢めいた不快な会話を聞かされているだけでしか無いのだ。


しかし酷く不快だ。


なので、とりあえずは黙らせようと「下車まで片時も目を離さずひたすら目で犯す」事にした次第。(その言い方をやめろ) 「こういった時、社会的教育としてとりあえずグーで殴って良い法案が出来ねぇかな。」と思って見つめ続ける双眸はさぞや病的であったろうと思われる処ですな。

まぁ狙い違わず、視線に気づいた少年はヒソヒソ話に移行。当方を愚痴る声等も聞こえましたが、視線は片時も外しませんでしたともさ。

こういったとき、嫌がらせでしか対抗できない自分の臆病で滑稽な様ったらありゃしません。あのガキ共は、一度きちんと社会的制裁を受けるべきだと思うんだが……これからも世の中舐めて生きていくのかな。嫌だなぁ。お巡りさんが現行犯で捕まえて下さらないだろうか……ありゃ、可哀想だよ、本人が。


等と、くされた思考と行動を披瀝したあげく何ではあるが、時間が経ってみると「全ては自分の勘違いであり、自分はやんちゃなお子さまを嫌らしい目で十数分間眺め続ける変態三十歳でしか無かったのではないか。」との絶望的な状況解釈の余地が生まれ……何だか現在、ちょっぴり死にたくなっている感じ。


あーもう!死ぬときは道連れだぴろりん(可愛く)。<ただのキチ○イトークになってしまった。
[PR]
by para_noid | 2006-11-15 01:08 | 戯れ言