実験的にあれこれ


by para_noid
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

何となく

今朝方に所用があり、一人単独で山形より帰還。飛行機のお陰か随分と近い場所になったものです。急ぎ戻ろうと思えば何とかなるかなと言った感。気が向けばまた何かと用事を見つけて向かいたいところです。

さて、何年かぶりの家族旅行でしたが、色々と感慨深いものでした。後幾たび家族で旅が出きるものかと思うと、なかなかに……。嫁なりみつかればいいものですが、もうこれといった孝行も思いつかず。何とか嫁御の見つかるまで、末永く健康でいて欲しいモノです。って、生存中に嫁の来手が無いという予測が自分の中で固まっていることに驚愕。もう駄目だ。

今度、何枚か旅行中の写真でも上げてみるで御座います。以下はざっとした行程。





3日

7時東京発、高速をひた走り、12時頃には山形に。玉貴なる山菜飯屋で昼食。下道を走り月山へ。中腹までロープウェイで登り、姥ヶ岳まで登山。父を待ちつつの登山が故に、基本的に父の頭頂部をひたすら写真に収める。後、頭頂部写真の件で凹まれ、やんわり陳謝。夕刻に縁のある満光園に着。飯をたらふく食らい寝る。

4日

10数年ぶりに山形に来たという父のために、ワンパターンじみた「加茂水族館」→「羽黒高校」→「羽黒山」コースを選択。水族館では、ラッコの餌付けショーをニコニコ眺める父にキュンと来た次第。相変わらず館長が意味もなく男前。クラゲアイスを勝手に2個頼み、不味いと言って8割方残す父にキュン。今更、父萌。

高校を軽く覗いた後、羽黒山登山口から石段をひたすら登る。築600年の五重塔、毎日氷を背負って登る茶屋の婆様などを堪能しつつ制覇。下山後、山形に行くたびに行くことになった「大松庵」という美味い蕎麦屋で昼食。何故かヤギと犬とアヒルが居て長閑。飯は美味で良いが、目の前に高速を走らせることになったらしく借景は台無し。

食後、酒田に移動。「本間様には及びもせぬが、せめてなりたや殿様に。」と言われる程の豪商「本間」様の別邸と旧本間亭を観光。別邸は管理が行き届いており素晴らしかったが、鳥海山を望む借景はクソのような「パチンコ屋」進出により滅茶苦茶に。恐ろしく剣呑な事を思う。本邸は、観光用の解放の仕方が悪いのか、恐ろしく文化財を守ろうという気概を感じられない廃れブリ。金を出して中に入れるのは良いが、もう少し考えないと全てが台無しになりそうな感じでありました。以後疲れ果て、宿へ。飯食って風呂はいって寝るの事。

5日

朝8時に朝食。自分で車を飛ばし、8:15に庄内空港に。8:55発の飛行機には充分間に合い、土産物屋で菓子など買いつつ帰還。普段は買うことのない携帯ストラップを年甲斐もなく購入。ダダチャ豆ストラップ……いけてる(死語)。
[PR]
by para_noid | 2006-09-05 20:30 | 戯れ言