実験的にあれこれ


by para_noid
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アーサー・クラークと256人の妖精さん

「川原君は彼女もいなくて可哀想だから」という理由で、雑誌のおまけに付いていたと推測される女の子フィギュアを鞄に投入され……「一緒に寝れば?」と言われてしまいました。箱を開けてみたら、ご丁寧に寝間着を着た女の子です。




この悪魔の所行をして下さった方も女性故、何か深い意味があるのではないか?そのように考え、就寝前にその意図を読みとろうと真剣に考えても答えも出ず、やむなくご指示の通り、礼儀として一回は枕元に置いてみようと決意。灯りを消し、とりあえず就寝の構えには入ったものの……「今年三十になる男の枕元に女の子のお人形」という絵面のプレッシャーには勝てず、不安の余り眠れなくなってしまいました。

考え続けること数十分、最悪の事態を考える程に心は不安一色に。一行に訪れない眠りにほとほと疲れ果て、結局、娘さんを箱に詰め直した次第で御座います。途端、訪れた安しい微睡みの中、「箱入り娘でお父さんも安心。」等とオッサン臭いことを思いつくも、華麗にスルーしつつ就寝……しかし、就寝前に感じた安堵とは裏腹に、超弩級の悪夢で強制的に目覚めるの事。何だ、私に悪夢を見せたのは何だ!多分、フロイト先生に話すと、全部リビドー裁き。

人形一つで、意外と遊べるもんだなぁと思った反面……此処まで遊び尽くすと、『本当に独り身って怖いなぁ』って所にしか落ちませんでした。こんな事やってるから一人身なのか。
[PR]
by para_noid | 2006-03-02 11:36 | 戯れ言