実験的にあれこれ


by para_noid
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

都の壁

昨日は、日中の事。川原にはすっかり忘れてた『温泉に行く約束』があったらしく、友人等に連れられ首都圏内温泉小旅行に行くことに相成りました。そこに至るまでは軽く紆余曲折もあった訳ですが、公開すればこんな感じ。

川:「忘れてたし、金無いから……行くの面倒くさいです。」
友:「行って金をかけるか、当日キャンセルで金をかけるか。正解は?」
川:「行きます。」

我ながら最低。



と、そんなこんなで出発。端から「小旅行」がコンセプトだったため、軽く車で移動しつつ「奥秩父」は「兜屋旅館」という宿へと向かったんですが……都内という事で油断したら、これですよ。

c0059581_2003672.jpg
奥秩父、侮り難しの図。(撮影:沢乃釣氏)

「チェーンを履いていない車での、激しい山道移動」と言うこともあり、一気に車速はダウン。「無事に着けると良いねぇ。」と呑気な口調ながらも緊張を隠せず、普段ならアッと言うまの距離を何倍もの時間をかけて宿へと向かうのでした。

そして到着したのがこちら「兜屋旅館」さんなのですが、茅葺きの屋根に雪積もり、静かに佇む様は……「行くの面倒くさいなぁ。」とか、「死ぬんじゃね、俺等?」とか、「暖房!暖房!(漆原教授風)」と、車中暴虐の限りを尽くした川原の心をコロリと変えるに十分な魅力を放っているのでありました(今更ながら、最低な旅連れの俺)。

c0059581_2094666.jpg
「うわぁ、来て良かった。ってか、寒ぃ(懲りない)。」(撮影:沢乃釣氏)

泊まったのは一番古く、宿泊費も安い本館の部屋だったのですが……趣のある懐かしい日本の家と言った風情で、一緒に行った野郎4人組は揃いも揃って大満足。「新館に泊まる奴の気が知れねぇ。」とゲヘゲヘ笑いながら、古さを堪能させていただいた次第で御座います。夕餉も、山菜メインながらボリュームのある大変に美味しい料理ばかりで、一同大満足で御座いましたよ。

c0059581_20205990.jpg
そして大満足の門松(カドマツ)。

東京から車で約二時間、遠すぎず近すぎずの適度な距離で、一寸した旅行気分が味わえる良い所でした。襖で隔てただけの部屋故にテレビもなく、ネットも無く……夜になったら暗くなり、話をするか本を読むかというだけの時間は、今の生活にあっては充分過ぎる贅沢な時間だったのかも知れませんね。

今更ながら、行って良かったですよ。オーハシ君、沢之先輩、ose君、ありがとう……金はいずれ払う(最低な落ち)。

しかし、平日にいい歳した男4人組が車旅行というシチュエーションを不審に思ったか、謎の組織が「奥多摩周遊道路」でずっと俺等をつけていたのが面白う御座いました。って、タダの被害妄想なんだが、車のナンバーとか控えた後電話しているんですもの……狙われてる風に思うよな。

以下は、旅先で撮った親ばかくるみ写真。

c0059581_20262199.jpg
オオカミはまだ来ないの図。(ルミさん)

c0059581_20263085.jpg
母ちゃん!俺、くるみ一の獅子舞い踊りになるけんね!(門松)

c0059581_20263991.jpg
クリスマスが怠ぃ。(ロース氏)

c0059581_20355031.jpg
ここで、いつまでも。(ロン君)


c0059581_20261341.jpg
またあの空に。(クル空尉) (これが一番好きだ)

ちなみにこの子達が、先日買った6人中の5人。後一人は、謎のデパートガール「コードネームKのQ子」は何れまた。
[PR]
by para_noid | 2005-12-13 20:38