実験的にあれこれ


by para_noid
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

6月12日東京夜20時

東京は、夜より大雨。

鍋の底が抜けたかの様な激しい雷雨。激しく耳打つ雷に続くように、屋根と地面を力強く打つ幾千万の雨粒。その低いうねる様な雨音が、恐怖と高揚感を共に連れてくる感じ。安全なはずの場所に居てすら怖さを感じさせるとは、なかなかのものだ。

しかしここ最近は、しとしとと雨が降り続けるというより、降るか降らぬかの二択かの如き降り様。『梅雨入りしていることを忘れてしまう、不思議な梅雨時』という印象が強いのだが、その潔さは好きかな。異常気象なのかも知れないけれど、楽しめる内はこの珍妙な趣を楽しまないとね。とか不謹慎な感想を抱くの事。

それにしても、無闇に合羽など着て、夜の街をテケテケと意味もなく歩きたくなる。後で川を見に行こうかしらん。
[PR]
by para_noid | 2009-06-16 20:29 | 戯れ言