実験的にあれこれ


by para_noid
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プティビット!

年明けにお手伝いをした「女三匹」関係者の友人連と飲み。大いに酒を飲み、大いに馬鹿話をし、大いに突っ込まれての宴席。何にせよ、様々な話をする事の出来る友人達がいると言う事は素晴らしいのだ。いや、むしろ馬鹿仲間がいると言う事が素晴らしいのだ!



で、どれだけ馬鹿な仲間であるかと言えば……まぁ、芝居の手伝いに行った面々とキャスト、スタッフ陣が何故か集まって飲むという段階で馬鹿仲間っぽいのだが……ある種のセクハラ同盟である「プチビット連盟」に関する話をすればお判り頂ける事と思う。

プチビット連盟(勝手に命名)は、数日前のCUT氏のトリビア的話題に端を発するのだが、この名を冠した菓子が存在することを皆様はご存じであろうか?フランス語「petit(小さい)」と英語「bit(欠片)」を混合し「小さな 欠片」を意味するこの名であるが、実はフランス語で「bit」は「男性器」を表す隠語だというのである。ならい、この名を全てフランス語で訳した際に生じる悪夢のような訳は……言わずとも解ろうというものである。

「小さなチ○○ン(検閲削除)」

ガッデムであり、シット。嫉妬ではない。男性としてこれ程までに自尊心を傷つけられる言葉があるであろうか?この事実を披瀝した後、CUT氏は続ける。「このお菓子のCM、女の子がCMしてたんだよね。」「プチビットが美味しいとか言ってるの。」

オヤジ、およびオヤジ化した一部女性が、酒の力もあっただろうが妙なテンションで盛り上がった事は言うまでもない。

「次に飲むときは、プチビットを乾杯の合図にしよう!!」
「〆の言葉はプチビットで!!」

もう地獄絵図である。

そして迎えた本日……多く居並ぶ面々には一切の説明をせず、会話の要所に「プチビット」を織り込もうと虎視眈々と狙う同盟者の姿が其処にあった。……仲間とは何と素晴らしいのだろうか。この「悪意を共有するが故の連帯感」というのが、如何に結束力を固めるか皆さんには解るだろうか?

かくして、一次会の〆を「プチビット」で終え。二次会の最中では今をときめく可愛い女性声優さんに「罵るようにプチビットと言ってやれ!」等と、悪夢の所行を成し遂げ……同盟加入者は、酷く満足したのだそうですよ(人ごとのように)。

こういった方々と知り合いになれて良かったと……心から思います(恐ろしいほどの笑顔で)。

しかしまぁ、お酒って怖いですね(そう言う問題じゃない)。もう自分が清廉潔白な人間だと誰にも思って貰えなくなったことは承知で書く。もう、逃げない(逃げろ)。


ちなみに「プチビット」関係者名簿というものを敢えて命がけで書けば、うささん、イクさん、CUT兄さん……そして私の平均年齢30間際チーム。駄目な大人でゴメン。
[PR]
by para_noid | 2005-03-13 02:01